診療科・各センターメニュー

頭頸部外科

概要

診療を担当する長谷川教授は、これまで、愛知県がんセンター中央病院で副院長兼頭頸部外科部長として、多数の頭頸部がん例の手術療法、さらに放射線療法と薬物療法の指導を行ってきております。この豊富な経験と知識を活かした診療を行います。

頭頸部がんが全がんに占める割合は約4%と極めて少なく、そのため、この領域で十分な診療体制を整えている病院は全国でも多くありません。
そのような実情の中で、放射線治療と外科治療という頭頸部がん根治治療の2本柱を備える本院は、幅広い治療手段に対応が可能で、選択肢のある治療が行えます。
また、口腔や甲状腺の腫瘍に対しては歯科・口腔外科や糖尿病・内分泌内科などの診療科とともに診療を行い、さらに薬物療法では各専門内科と連携して有害事象に適切に対応致します。

本院は交通の便に恵まれています。この立地性を活かして県内の各医療施設と連携して治療にあたることが目指しています。

当科では頭頸部腫瘍と甲状腺腫瘍に対する個別的かつ低侵襲の治療を主に行い、さらに地域の医療施設と連携していきます。

診療内容

頭頸部外科・耳鼻咽喉科で扱う病気は、一般に耳、鼻・副鼻腔、口腔、咽頭、喉頭、気管、食道、唾液腺・甲状腺など頭頸部領域の疾患やアレルギーなどで、その領域と病因は多肢にわたります。

当科で主な治療対象とする頭頸部腫瘍と甲状腺腫瘍では、根治(完全に治す)と機能温存と言う相反する問題があります。機能温存に主眼を置き、必要な手術を行わなければ、根治性を確保できません。逆に、根治のために腫瘍を大きく切除すれば、その部分の身体機能を温存できなくなることがあります。頭頸部には、耳、鼻、喉、口、あごがあり、呼吸や食事(噛む・飲み込む)、発声など、生命を維持し、生活する上で欠かせない機能が集中しています。
しかし、ここに来て、根治を追求しつつ、機能温存も両立できる外科治療法が生まれています。狭域帯光観察(NBI)などの内視鏡技術の発達により咽喉頭(のど)の表在性病変が検出可能となり、経口的内視鏡切除法の適応が広がってきました。早い段階で咽喉頭のがんが見つかれば、首を切開するのではなく、口の中から腫瘍を切除できます。これは、胃がんの内視鏡治療と同じように、口から特殊な内視鏡機器を入れて行うものです。のどの奥の見えにくい部分をモニターに映し出し、がんを切除するので、首に大きな傷も残らず、飲み込みや発声の機能損失を必要最小限に抑えることができます。

一方、広範囲に切除する手術では食事や発声の機能が損なわれますが、体の他の部分の組織を移植する再建手術に力を入れ、機能損傷を最小限に食い止めます。 また、進行したがんに対しては、放射線療法と薬物療法の併用が首の外側から切開して大きくがんを切除する外科治療とともに検討されます。

頭頸部がんの治療においても、経口的切除により機能を温存した低侵襲治療に加え、ニボルマブのようにコンパニオン診断により薬剤に対する患者個人の反応性を治療前に検査するプレシジョン医療が開発されつつあります。頭頸部がんの治療において個別化医療を低侵襲で行うことを目指します。

スタッフ紹介

氏名 職務 専門分野、学会認定等
長谷川 泰久 教授 耳鼻咽喉科専門医
内分泌外科専門医
頭頸部がん暫定指導医
気管食道科専門医
大橋 敏充 (非常勤) 耳鼻咽喉科専門医
柴田 博史 (非常勤) 耳鼻咽喉科専門医
ページトップへ

病院案内

来院される方へ

診療科・部

施設案内

交通アクセス

臨床研修医

職員募集中

 

医療関係者の方へ

連携機関

 

ぷらざ村上

地域医療連携新聞

Adobe社へのリンク PDFをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、上のバナーよりダウンロードしてください。