朝日大学病院

岐阜県岐阜市 橋本町3丁目23番地 [JR岐阜駅より徒歩約7分]

058-253-8001

交通アクセス お問い合わせ

臨床工学部

臨床工学部

今日の医療の現場は、患者さんに高度で質の高い医療を提供するために多種多様な医療機器を使用しています。臨床工学技士は、医師の指示の下に生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う医療機器の専門医療技術職です。そして「院内で使用する医療機器の安全確保と有効性維持を担いチーム医療に貢献する」ことを目標に、医療機器を適正・効果的に使用できるようチーム医療の一員として7名の臨床工学技士で業務にあたっています。
院内での装置トラブル、緊急血液浄化、緊急カテーテル治療等に対して、24時間の待機体制で対応しています。

  • ME機器管理室1

    ME機器管理室1

  • ME機器管理室2

    ME機器管理室2

  • 血液浄化センター

    血液浄化センター

診療内容

主な検査と治療について

血液浄化センター
血液浄化センターでは月~土3クール透析をおこなっており、医師・看護師とともに、HD・IHDF・OHDF・GCAP等血液浄化療法全般に対応しています。そのほか、透析液清浄化への取り組み、バスキュラーアクセス評価、血液浄化装置の保守管理、透析部門システムの運用に関わっています。
また、24時間体制でCHDFやPMXなど緊急血液浄化に対応しています。
心カテ業務
心臓カテーテル室では、医師・看護師・診療放射線技師とともに、さまざまな検査・治療に協力しています。IVUSやIABPの操作や、生命維持管理装置の医療機器が安全に使用できるように保守管理を行っています。
ME機器管理室業務
ME機器管理室で輸液ポンプ、シリンジポンプ、人工呼吸器などについては、中央管理を行うことで効率的に運用を行うとともに安全性を確保しています。
院内で使用している医療機器について、院内ラウンド点検や装置に不具合が発生した場合に早急な対応を行い、安全な機器を患者さんに使用することができるように管理をしています。
手術室
手術室では、手術用ナビゲーションシステムや自己血回収装置等の機器操作に従事し、機器トラブルにも対応できるよう心がけています。
ページトップへ