朝日大学病院

岐阜県岐阜市 橋本町3丁目23番地 [JR岐阜駅より徒歩約7分]

058-253-8001

交通アクセス お問い合わせ

血液浄化センター

血液浄化センターの概要

血液浄化センターでは、40床(個室3床)を有し、午前・午後・夜間と3クール体制での透析をおこなっています。各ベッドにはテレビが備わっており、ベッドスペースも確保されています。
スタッフは腎臓内科医を中心とし、看護師、臨床工学技士、看護補助で構成されています。導入期から維持期まで幅広く対応しており、透析困難症の方や合併症の多い方には、IHDF・オンラインHDFを行っています。特殊血液浄化療法にも対応し、CHDFや血液吸着療法、アフェレシス療法なども24時間体制で対応しています。また、特徴の一つとして、他施設から合併症の治療のため紹介されてくる患者さんの多いことが挙げられます。
地域の要望に応えるべく、現在、提供できる最高の血液浄化療法を行って行きたいと思います。
当院は、地域医療を担う一病院として、他の透析医療機関と連携し、透析困難症や透析合併症に積極的に関与していくことを目標としています。

  • 血液浄化センター

    血液浄化センター

  • フットケア

    フットケア

診療内容

主な検査と治療について

HD(血液透析)
腎臓の働きが不十分な状態を腎不全といいます。長年にわたって徐々に機能が低下することを慢性腎不全といい、一度失った腎機能の回復は困難です。尿から老廃物や水分が適切に排出されなくなると、尿毒症や心不全等の症状が現れる危険性があります。透析とは、腎臓の代わりのフィルターを介して血液から老廃物や余分な水分を除去する治療です。1回の治療は3~5時間で週3回の通院が必要になります。
オンラインHDF(血液透析濾過)
HDFとは血液回路内に補液を行い、拡散と濾過を組み合わせて、小分子から中大分子までの尿毒素物質を効率よく除去する目的の治療です。オンラインHDFでは透析液から直接補液を行い、前希釈により大量の補液量が確保できます。透析液を直接体内に入るために、当院では透析液の清浄化を徹底し、ウルトラピュアを保っています。オンラインHDFの効果は、透析アミロイドーシスの予防と透析困難症の治療が期待でき、そのほかにも、レストレスレッグ症候群や掻痒感などにも有効だといわれています。
IHDF(間歇補充型血液透析濾過)
IHDFは最近注目されている新しい治療法です。方法としては、透析中に決まった時間に間歇的に補液をする方法です。当院ではオンラインHDF専用装置は40台中17台ですが、IHDFは個室3台を除いたすべての透析装置でできるのも特徴です。効果として報告されているのが、血圧低下の予防や末梢循環障害の軽減などがあります。
GCAP
GCAPは潰瘍性大腸炎やクローン病に適応される治療です。血液から炎症に関係している顆粒球を吸着カラムで除去します。治療時間は約1時間で、腕の静脈に針を刺して、連続的に血液を取り出し吸着カラムを通し、再び静脈へと戻します。
CHDF(持続緩徐的血液濾過透析)
一般的に長時間持続的に血液透析濾過をおこなう血液浄化法です。長時間かけてゆっくり血液を浄化するため、心臓や血管への影響が少ないのが特徴です。そのため多臓器不全や急性腎不全、肝不全などの急性血液浄化が必要な場合に集中治療目的でおこなわれます。
PMX(エンドトキシン吸着)
敗血症や大腸穿孔など、エンドトキシン血症に伴う重症病態でおこなう治療法です。CHDFと併用でおこなう事も多く、急性血液浄化として対応しています。
シャント増設
当院では透析導入もおこなっており、透析で必要なシャントを一般的に腕に設置する手術をおこないます。泌尿器外科でシャント増設術をおこなっていますので、シャント閉塞などのトラブルにも対応しています。
シャントPTA
透析患者さんはシャントを増設して透析をおこなっていますが、血圧の変動や穿刺を繰り返すとシャント血管に狭窄をきたす場合があります。当院では循環器内科がシャント狭窄の治療をおこなっています。
フットケア
糖尿病や透析患者さんの足は、足の冷え・痺れ・痛み、潰瘍の形成などが起こりやすく、その原因は動脈硬化や末梢血管障害のために血液の循環が悪くなるからです。さらに、傷が悪化し壊疽に陥った場合、足の切断に至る場合もあります。また、糖尿病の患者さんは、神経障害により足の感覚が鈍くなり、足の異常の早期発見が困難となるためそのため、足をよく見て・触って、足の症状の早期発見・早期治療に努める必要があります。当院では足を守るための取り組みとして、フットケアチームを立ち上げ、足の観察や透析中の炭酸ミストをおこなってます。また、足についての教育や勉強会を患者さんやスタッフにもおこない、足病変や日常のケアの大切さ知ってもらう取り組みもおこなってます。
腎代替療法の指導
腎代替療法とは血液透析、腹膜透析、腎移植をさします。その選択に関するインフォームドコンセント(説明と同意)は概ね腎機能が30%を切った時点(eGFR 15~30 ml/min/1.73m2)の慢性腎臓病ステージ4で行い、いずれかの治療法を選択することが望ましいとされています。当院では基本的にキーパーソンや家族と一緒に十分な話し合いを重ねた上で,患者さんにとって最良の治療法を選択できるよう支援しています。

実績

2018年 2019年 2020年 2021年
維持透析患者数(12月末) 141 137 151 133
総血液浄化件数 22,251 21,861 21,228 21,408
 IHDF・OHDF 3,771 4,956 6,850 7,771
 ECUM - 223 142 151
患者平均年齢 68 69 69 68
最高年齢 94 91 92 92
導入患者数 33 29 29 27
転入患者数 47 58 71 74
転出患者数 76 81 76 102
死亡患者数 5 15 15 14
透析中止数 - 4 0 2
透析離脱数 10 5 5 9
シャントPTA件数 31 34 36 35
シャント造影件数 10 15 20 11
G-CAP 0 7 28 22
シャントエコー 4 75 93 101
3階北(HCU): 透析 68 90 48 38
          ECUM 6 7 5 3
          HDF 5 11 5 6
          PMX 2 6 3 7
          CHDF 8 17 5 6

スタッフ紹介

部長メッセージ

朝日大学病院の血液浄化センターは、医師、臨床工学技士、看護師がチームワーク良く笑顔のある雰囲気を作り出すよう努力しております。患者さんとのコミュニケーションを円滑にして。患者さんとスタッフが一丸となって治療計画をし、最適な医療が提供できるよう努力していきます。また、透析医療のみならず、LDLアフェレーシスやG-CAPなどの血液浄化治療は急速な進歩を遂げています。このため、最新の医療が提供できるよう日々学会活動や勉強会などで知識を常に高める努力していきます。

血液浄化センター 診療部長 山本 順一郎

ページトップへ